留学基本情報
  • Study in the USA

    Study in the USA

So you're interested in studying in the US?

On this page you can find the articles we consider to be must-read about studying abroad here. But don't stop there! We suggest you also click ahead to each of the next steps to read further helpful articles – this way you'll be fully-prepared for every stage of your study abroad journey in the US.
アメリカでの節約方法 1022

アメリカでの節約方法

今回の記事では、 Hotcourses Abroad の YouTube のサイトにアップされている 'How do I live on a budget in America?' 及びアメリカ留学経験者の青柳さん、岩村さんのコメントを基に「アメリカでの節約方法」についてお伝えします。   1:住む場所を賢く決める ニューヨークの場合、マンハッタンの郊外に住むようにしましょう。 郊外に住む方が安い ですし、何より 「本当のアメリカ」を体験 できるかもしれません。   2:自炊をする ニューヨーカーは平均的に週3-4回外食をするようですが、外食が続くと、どうしても高くつきます。ですので、出来るだけ 自炊をする ようにしましょう。ニューヨーク在住の青柳さんは、「食事は自分で作った方が、日本に比べてかなり安いです」と話しています。   3:賢く買い物をする 皆様ご存じの

2896 アメリカで経済学を学ぶ

アメリカで経済学を学ぶ

アメリカがくしゃみをすると、全世界が風邪をひく(“When America sneezes, the whole world catches a cold”)という言葉をご存知ですか?今回の記事では、世界経済に大きな影響力を持つ アメリカ で学ぶ 経済学 に焦点をあててお伝えします。   経済学で学べること 数多くの有名な経済学者を輩出してきたアメリカの経済学部では、経済学単独のコースのみならず、Double Major制度を活用し、国際関係やビジネス・経営と組み合わせて経済学を学ぶこともできます。必須要素であるマクロ・ミクロ経済の理論・応用だけでなく、次のようなコースを取ることもできます。 ・ Microeconomic Theory and Public Policy ・ Economic Applications of Game Theory ・ Psychology and Economics

817 アメリカのMBA

アメリカのMBA

アメリカ では質の高い教育を受けることができるだけでなく、 アメリカ で取得できる資格は世界で高く評価されています。今回の記事では留学生に特に人気であるプログラム、経営学修士(MBA)に焦点をあててお伝えします。   コースについて イースタン・ワシントン大学 のMBAプログラムディレクターRoberta Brooke氏によりよると、 「Practical experience」 に重点が置かれていると述べています。また、レクチャー、ケースステディなどで授業は構成されていますが、異なるバックグラウンドを持つと学生と共に 数多くのチームワークに取り組む こともポイントだそうです。 また、マーケティングのクラスでは実際のローカルビジネスのマーケティング戦略の作成、ビジネスリサーチのクラスではリサーチプロジェクトのデザインの作成など 実践的な経験 を積むことができます。 Roberta Brooke氏のインタビューは こちら から確認することができます。 

1720 アメリカ留学:勉強しながら働くことのできるビザ

アメリカ留学:勉強しながら働くことのできるビザ

アメリカ留学中に勉強をしながら生活費の足しにする、あるいは経験を積むために仕事をしたい場合、ビザによってどのように就労条件が違うのでしょうか?今回はアメリカに留学する学生が、ビザの種類によってできること・できないことについてご紹介します。   アメリカ留学中に仕事はできる? アメリカ留学中に仕事ができるかどうかは、取得する学生ビザの種類により異なります。学生ビザには、 F1-ビザ、M-1ビザ、J-1ビザ の3種類があり、このうち F-1ビザとJ-1ビザの学生は、キャンパス内であれば学期中は週20時間まで、また休暇中は週40時間まで 働くことができます。職業プログラム(Vocational Program)を受ける学生に支給される M-1ビザの場合、キャンパス内外どちらでも仕事をすることができません 。   F-1 ビザと就労条件

438 コースの種類

コースの種類

英語コース 米国の英語コースは主に以下の3種類に分けられます。 o 集中英語プログラム(IEP):週20時間から30時間の英語コース o セミ集中型英語プログラム:大学の学術系コースおよびセミ集中型英語コース(ESL)を同じ学校内で受けます。 o専門英語プログラム:ビジネス英語や法律、工学などの分野で使われる英語を集中的に学びます。 米国で英語を勉強するために学生ビザを取得する際には、留学先の学校が米国市民権移民局(USCIS、United States Citizenship and Immigration Service)の認定校かどうかを必ず確認しましょう。 全認定校は、学生にF-1学生ビザ取得のためのI-20 申請書を提供できます。 英語コース入学手続き 各教育機関がそれぞれの出願条件、締切日を設定しています。 志望する学校へ問い合わせてみましょう。 コミュニティカレッジ

マサチューセッツ州・ボストン 400

マサチューセッツ州・ボストン

マサチューセッツ州・ボストン。この都市には長い歴史があります。高等教育もその歴史のひとつで、トップ大学の中でも、ボストン大学は留学先としてとても人気の場所です。この歴史あふれる都市には、大学以外にも様々な魅力があります。今回は弊社学生エディターの Ashleyがボストンについてご紹介致します。   歴史 アメリカで最も古い都市のひとつとして考えられているボストンは、ニューイングランド地方の経済的・歴史的中心都市と考えられています。1630年に築かれたこの都市は、ボストン茶会事件・ボストン包囲戦・バンカーヒルの戦いと、アメリカ革命の主要な場所として、歴史上とても重要な都市とされています。1897年にはアメリカ初の地下鉄がボストンに開通され、世の中にその名を轟かせました。市内にあるハイレベルな大学のお陰で、ボストンは教育学の国際的中心地として有名なだけではなく、薬学や金融学においても世界的に人気の留学先となっています。   高等教育機関

大学生活:知っておきたい専門用語 530

大学生活:知っておきたい専門用語

留学生にとって、アメリカ留学は人生に1度しか巡ってこないチャンスであり、最高の経験です。アメリカのカレッジライフは、各々の大学キャンパスによって異なりますが、このような高等教育機関で使われている専門用語の中では共通のものがいくつか存在します。本記事では、弊社学生エディターの Ashleyがこういった専門用語をご紹介します。   初めに… 専門用語の説明に入る前に、アメリカの学期について明確にしておきたいと思います。大学によって異なりますが、1年間は以下の3つのパターンに絞られます: 4学期制(クオーター制) – 秋・冬・春・夏の4学期制。夏学期は選択制で追加料金が発生します。 3学期制(トライメスター制) - 秋・冬・春の3学期制。夏学期は選択制で追加料金が発生します。 2学期制(セメスター制) - 秋・春の2学期制。夏セメスターは選択制で追加料金が発生しますが、期間の長さによって異なります。

460 奨学金、その他の学資取得

奨学金、その他の学資取得

学資支援 ほとんどの教育機関で、奨学金、補助金を留学生に授与しています。 奨学金や補助金の支援が必要な学生、学業、スポーツ、パフォーミングアート、その他の分野で優れた業績を挙げた学生に与えられます。 留学生向けの支援について詳しく知るため、留学先に問い合わせてみましょう。 日本の政府や、企業、機関の助成制度も調べてみましょう。 米国でのアルバイト F-1、M-1のビザを取得している学生は、キャンパス内で週20時間、休暇中はフルタイムで働けます。 キャンパス内には図書館、ヘルプデスク、学生食堂等での仕事があります。 留学から1年経てば、米国市民権移民局(USCIS、United States Citizenship and Immigration Service)にキャンパス外でも仕事ができる許可を申請することができます。 この申請方法はキャンパス内の留学生課でも提供してもらえるでしょう。 許可が下りても、労働時間は週20時間で休暇中はフルタイムという時間規定に変更はありません。

454 米国の学生ビザを取得する

米国の学生ビザを取得する

ほとんどの留学生がF-1 (academic studies)、M-1 (non-academic or vocational) の学生ビザで米国へ入国します。 学生ビザを取得するには: o教育機関(学部課程/大学院課程)、語学学校、職業訓練コースへ登録する。 o留学先が米国市民権移民局(USCIS United States Citizenship and Immigration Service)の認定校であることを確認しましょう。 oフルタイム学生として登録しましょう。 o英語が流暢であることが求められます。または、英語をのばすためのコースへ登録します。 o留学先で生活して、コースを終えるのに十分な学資がある。 o米国外に定住先があることが求められます。 入学許可が下りると、志望先からI-20の申請書が送られてきます。 それからI-901 SEVIS(学生交流ビジター情報システム)料の納入が求められます。 この費用はだいたい200ドルです。

490 米国文化を体験する

米国文化を体験する

米国の文化 米国は西ヨーロッパ民族と原住民族によりつくられた国です。 世界中から人々が移住して米国は大きくなり、全世界全人種によってもたらされた多様な文化が生み出されてきました。 地理的な大きさを反映して、米国にはあらゆる気候、風景、ライフスタイル、文化が存在しています。 米国への留学生は、テレビや映画で目にしたことのある米国に対するネガティブあるいはポジティブな文化的なイメージを抱きながら米国へ到着することでしょう。 しかしながら米国の文化はとても多様性があり複雑です。地理的な違い、田舎や都会、民族コミュニティなどさまざまな文化が存在しています。 人種、宗教、社会背景を問わず、アメリカ文化では個人を尊重しています。独立心と自分を信じるということを若いときから教えられる米国では、競争をよいとし、成功を称えます。 米国内の移動 米国内を長距離移動する場合は、国内便を利用します。 低コストのフライトがあるため便利に移動できます。 長距離バスの

460 米国留学にかかる一般な費用

米国留学にかかる一般な費用

米国留学 中にかかる2種類の主な出費は、授業料と生活費です。 州立大学と私立大学、カレッジの授業料は大きく異なりますが、高い授業料を設定している学校が良い学校とは限りません。 普通、州立大学は私立教育機関より授業料が低く、コミュニティ、技術、職業専門カレッジの授業料設定は最も低く設定されています。 米国での生活費は、どこで勉強するかにより異なります。 大都市、カリフォルニア、北東部は、南、中西部、その他の地域に比べ生活費は高めです。 授業料 米国への留学生が2008/2009年に納入した授業料の平均額が以下に示されています。 授業料の詳細は各教育機関へお問い合わせ下さい。 2年間のコミュニティカレッジ:年間USD 2,402 4年制の州立カレッジ、大学のある州以外からの学生(留学生含む):年間USD 17,452 私立の4年制カレッジ、大学:年間USD 25,143 出典:College Board, Trends in College Pricing

米国留学の魅力 420

米国留学の魅力

昨年、 米国へ留学 した学生は67万人を上回りました。 米国が世界中の学生に人気が高い理由は、世界レベルの高等教育機関が多く存在しているからです。 総合的なカリキュラムを提供するアメリカの大学は学生、雇用企業の両方から評価されています。 米国が留学先として人気が高いもうひとつの理由には、原子物理学など学術性の高いコースから美術、映画製作などのクリエイティブなコースまで幅広いコースが存在していることも挙げられます。 大学院への留学生がアメリカを選ぶ最大の理由は、国や大学が研究に費やす膨大な資金が理由と言えるでしょう。 研究費の多い国には米国に続き英国が挙げられます。 米国のカレッジ、大学で学んで得られる資格は、世界中のどこへいっても通用します。 伝統的に、世界の大学ランキングでトップを占めるのは米国北東部にある私立校からなるアイビーリーグの教育機関、MIT、カリフォルニア大学、スタンフォード大学などです。 教育について 大学とカレッジ

始めましょう
1 留学先を選択

Free

Study in the USA eBook!

Interested in studying in the USA? Get your comprehensive guide now!